伝統と

河庄誕生までの歴史

河庄誕生までの歴史

終戦間もない動乱期の昭和22年、板前割烹の店として初代・高木 健 氏が【河庄】を創業。大阪の名のある和食板前であった初代・高木氏は、中国の大連で料亭をしていたが、戦後引き上げ、博多の地を選び創業したという。創業当時のスタイルは「板前割烹」。当時は食材を入手するのが難しかった。特に米の入手は大変で、米がごちそうの時代に、初代・高木氏は米をどう使うかを考えていた。そこで柳橋に並ぶ新鮮な魚に着目し、寿司として米を使おうと考え出したのである。まず突き出しから始まり、メインは割烹料理、そして最後の締めに寿司を出すという、寿司割烹のスタイルは、【河庄】が博多に根付かせたものである。

引用元(http://www.syokubunka-studio.jp/file/store/2012/02/post-20.php)

建物のこだわり

建物のこだわり

【河庄】を語る前に、まず、建物の素晴らしさをお伝えしなければなりません。【河庄】の日本の美を知り尽くした店構えは、建築家「※吉村順三氏」の作品によるものです。西中洲というエリアは、古くから続く老舗や名店が多く、大人の隠れ家としても内外に広く認知され定着してきた魅力的なエリアです。その中に堂々と佇む老舗ならではの風格がある【河庄】は、夜になるとライトアップに身を包み、ひと際存在感を放ちます。店内に一歩入ると、板前割烹の醍醐味であるカウンターがL字型に広がっており、その奥には仕切りがあるテーブル席があります。そして、2階に上がると、様々な個室があり、その一つ一つには様式美と風情が漂い、名のある調度品の数々が飾られていて、季節の花が生けられています。カウンターで板前割烹の醍醐味を味わうも良し、風情ある個室で料理に舌鼓を打ち語らうも良し。【河庄】に訪れるすべての人におもてなしの心を伝えたいという女将をはじめ泉田総料理長の想いが隙間なく行き届いているのが、老舗たる所以なのでしょう。

引用元(http://www.syokubunka-studio.jp/file/store/2012/02/post-20.php)

食材のこだわり

食材のこだわり

【お米】無農薬の有機米のみを使用。産地・銘柄にこだわるのではなく、その年その年の出来の良い米の中から納得できるものだけを厳選いたします。そのお米をコブだしでふっくら柔らかく炊き上げた後に当店秘伝の酢を馴染ませ、口当りまろやかな自慢のシャリが完成いたします。こうして出来上がったシャリは、時間がたっても美味しさが変わることなく、お土産としてお持ち帰りいただいても、その旨味をお楽しみいただけます。

【ネタ】毎朝長浜市場で職人が新鮮な魚を仕入れております。職人自ら目利きし、鮮度のあるネタを使うことで皆様に食して頂きたと考えております。

【技】河庄の伝統を受け継ぎ、板前それぞれが素材に味に吟味を重ね、腕を振っています。そして季節の彩りや新鮮な食材を使い、和食職人が食を提供させて頂きます。

ページトップへ戻る